リネージュ2誤BAN・不当BAN対策Blog

2005/07/12以降私と同様被害に遭った、もしくは過去誤BAN被害に遭われた方等の情報提供歓迎します。 煽り&誹謗中傷は極力スルーで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

このBlogについて

このサイトは、エヌ・シー・ジャパン株式会社(以下NCJ)運営のMMORPG、リネージュ2(以下リネ2)において、私が2005年7月12日に全く身に覚えの無い「リネージュII利用約款第14条 2 及び 3 に該当する行為が確認された」として永久アカウント停止処分を受けてから、NCJ他公的機関とのやりとりを記録していく為のBlogです。
またメールに関しては私的文章となる為、許可無しにそのまま転載すると違法等になる恐れがあるので転載は致しません(大体の内容を記載します。また、許可が頂けたメールについては転載致します)

ご意見、ご質問などありましたらコメント欄にお願い致します。
また煽り、誹謗中傷などは即削除させていただきます(普通の訪問者の方もこのような意見はスルーでお願いします)。

また、頂いたコメントはレスをつける際記事の方に転載させて頂きます。
管理人のみ閲覧可、でメッセージ頂いた方は基本的に転載せずレスのみを記事に記載します。もし一切の転載不可、レス不要の場合はメッセージの最後に一言添えていただければ転載、レスは致しません(2005/09/01追記)

このBlogはあくまで私自身の行動を記録していく物です。同じ様な被害を受けている方にも参考になればと思い公開していますが、ここに記載されている行動と同じ行動を取っても同様の結果が出るとは限りませんし、その事で損害が発生しましても当方には責任は取れません。
特に法的な問題は個人で対応・回答が異なります。
このサイトはあくまで参考程度に。
それなりの行動を起こす場合は自分自身で状況を纏める事が第一だと思います
(2005/10/01追記)


このサイトへのリンクは自由に行って構いません。
スポンサーサイト
  1. 2005/07/11(月) 21:10:45|
  2. このBlogについて
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:3

アカウント永久凍結通知

帰宅後、リネ2にログインしようとした所

「該当アカウントは違反行為により使用中止されました。疑問に思われました場合の詳細は、ユーザーサポートまでお問い合わせください。」

のメッセージ。

続いて、登録してあるメールボックスに以下のようなテンプレートメールが届いておりました。

弊社の調査により、お客様のアカウントにてリネージュII利用約款第14条 2 及び 3 に該当する行為が確認されました。
その為、同約款第17条 [1].2に基づき、お客様のアカウントを永久凍結させていただきました。
又、本内容に関してお問い合わせを頂きましても、ご返答致しかねます。ご了承ください。


この 利用約款第14条 2 及び 3 というのは

第14条(ユーザーの禁止事項)
2.クライアントプログラムの翻案・改変・リバースエンジニアリング・解析・またそのプログラム及びその情報の複製・頒布または公衆送信すること、ユーティリティの作成・頒布・勧奨・使用等の行為
3.本サービスの運営に関わる、もしくは本サービスの内容に関与するソフト
ウェアを自分または、第三者をして開発または配布・使用する行為


の事だそうですが、私にはこのような物を使用した記憶は一切ありません。

即NCJに証拠の開示を求めるメールを送信し、携帯で連絡が取れる友人にメールをしてゲーム内の知人友人に連絡してもらいました。

その後所属血盟のBBSに書き込み。
  1. 2005/07/12(火) 21:12:08|
  2. NCJ&公的機関とのやり取り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

誤認要因は?/新たな被害者

翌日、友人を通してですが他にも誤BAN者を2人程確認。
そのうち1人は2アカウント保持者で

「1アカは無事、1アカだけBAN」

と言う状況だそうです。

以下、誤認される要因を過去の誤BAN事件や今回の件でいろいろ調べた結果を書き出して見ます(あくまで私の意見なので信憑性は確かではありません)。

■所持金
「ありえない所持金を持っている」と言うだけで過去BANがあったそうです。しかし、現在はAグレードの装備が実装され、一晩に50M前後の金額が増減しても不自然ではないでしょう(トレードor露天を通してならログも残りますし)。

■IPアドレス
これも過去の事例で、「同一IPから複数の接続がある」「ある日IPアドレスが変わった」とBANがあったそうです。
が、「プロバイダを変えたらBAN」「プロバイダ先でIPアドレスが変更になったらBAN」という誤BANもあった様子。
「同一IPから複数の接続がある」のBANに対しては、流石に集合住宅やネカフェ以外の所から10や20の同時接続があればおかしいとは思いますが、家族と一緒にやっている方などでルータを通して同時接続している方も多いでしょうし、規約には「同一IPから複数の接続がある」事を禁じていない筈です。
が、これに対して「複数の接続をしたければグローバルIPを2つ以上所持しろ」と返信され解除されなかった方もいる模様です。

■VPN(仮想ネットワーク)環境である
今回少々騒がれてたのはコレ。
私はネットワークにあまり詳しくないのですが、友人曰く
「仮想ネットワーク上からだとどこから何人のアクセスがあるかはっきりしないから、それで多重ログイン(厳密には違うけど)でチート扱いされてもおかしくはない。」
との事(ネットカフェ等がこれに当たるんだそうです)。
私はケーブルテレビから支給されたモデムに、ルータを接続しています。

■アカウントハック
知らぬ間にアカウントを盗まれて、その先で不正ツールとやらを使われた可能性もあるでしょう(まぁ、大抵はすぐ気付くと思いますが)。

■スパイウェアorウィルス
リネ2に影響するウィルス、スパイウェアは早々無いと思われますが(あったら即公式に警告文上げるべきでしょう)
もしトロイが見つかったらの踏み台にされている可能性も有?(2005/08/02追記)
私のPCもウィルスこそ無かったもののスパイウェアが2件ほど見つかってしまいました。内1つは調べてみた所問題無さそうなのですがもう一つが詳細見つからず…
  1. 2005/07/13(水) 22:32:10|
  2. 私的文章&友人とのやり取り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

消費者センターに連絡

本日、消費生活センターに相談電話をしました。

・身に覚えがないのに「不正をした」と言う理由でサービスを凍結させられた。
・証拠の開示や、先払いした使用料金の返金などにも全く応じてもらえる様子が無い


等を説明。
他にもいろいろ質問されましたが
「その凍結通知は書面で頂きましたか?」
と聞かれ、
「メールで通知されました」
と返した所、
「普通はそう言う通知をする際は内容証明でする物なんですよ。記録にも残りますし」
との事。

「まず電話の受付口があるのだったらそちらで交渉して、納得のいく結果が得られないようでしたらこちらからも交渉してみます。また、再度何か会社側に要請する場合は内容証明にて申し立てすると良いですよ」とのお返事を頂きました。


■消費者センターに電話する際の注意事項

消費者センターの電話相談者の対象は、「その地域に住んでいるか、勤めているか」なので該当する所に電話をしましょう(全国の消費者センター所在地はリンク先参照)

以下、電話をかける前に調べておく事柄

・会社名(これはNCJapanですね)
・会社の電話番号
・いつから課金をしているか(ゲームを始めた月、OBからずっとの人はC1開始月。途中課金を止めていた方はそれも答えると良いかもしれません)
・月額使用料金(3000円。纏め払いをしている人は「基本料金は3000円ですが私は●ヶ月纏めて払っているので一月~円になります」と答えておけば良いかと)
・一番最近払ったのはいつか
・支払い方法(ネットキャッシュ or クレジットカード)


また、直接電話相談するのが難しいかたは国民生活センター消費者トラブルメール箱へメールを送るのも良いかと思われます。
個別の対応はしてもらえませんが、情報がたくさん集まれば指導が入るようです。
  1. 2005/07/14(木) 22:36:38|
  2. NCJ&公的機関とのやり取り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NCJapanに電話

回線とルータの仕様を記載し、NCJに再びメールをしました。

消費者センターの方に言われた通り、NCJapanに電話。

電話に出たのは男性でした。

以下、電話のやり取り。

「アカウント凍結の件についてメールを出したが返事が一向にもらえない。メールに記載されていた凍結の理由はこちらには全く身に覚えの無い事だ。証拠の提示をお願いしたいので担当者に代わってくれないか」「電話では一切対応できない。メールの返信はするのでそれまで待て」
「メールの返信はいつ頃もらえるのか」「こちらでは解らない」
「いつ返信されるか判る方に変わってもらえないか」「それはできない」
「いつ返信が来るのか解らない物は待っていられない。また来るのかも疑わしい。今証拠の提示をして欲しい」「こちらでは解らない」

大半は「此方では解りかねます。担当者に変わる事も出来ません。メールの返信はするので待ってください。」等の返事のみ。
先日、センターの方から言われた「凍結や解除などと言った通知をする際は内容証明でする物なのでは?」の問いには「そんな事は聞いたことありませんが」とのお返事でした。
証拠の提示をしてもらえるのか?との問いにも同様で、全く話にならず。

一度電話を切り、再度消費者センターに電話をすると

「電話した時間、電話の担当者の所属部署と名前と大体の会話の内容、HPに掲載されている規約、今までのメールのやり取りをFAXで送ってください」

と言われました。

■電話をかける際の注意事項

・前もって要点をまとめておく(と言っても質問に答えてもらえる可能性は低いです)
・私の電話応対をしたNCJapanの方は所属部署と名前を自分から名乗りませんでした。全員がそうとは限らないですが、相手が名乗っていないならこちらから聞くこと(…というか、会社の電話応対で名乗らないの普通にありえないと思うのですが)
・電話をしながら会話の内容をメモ。ICレコーダ等持っている方は録音しても良いかと思われます。
  1. 2005/07/15(金) 23:05:26|
  2. NCJ&公的機関とのやり取り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

消費者センターにFAX送信

FAXを送信するためにプリントアウトしていたのですが1つ問題が。

リネ2の公式ページに記載されている規約ページのサイズがA4プリントサイズに合っていないらしくの文字が何文字か切れてます(汗
しかも白黒出力だとかなり文字が潰れてしまう為、FAXしたらとんでもない事になるような…。

結局公式HPのソースを見て、こちらで改めてシンプルなHTMLを組みなおす事に…(表組みとかありますし…)

規約をプリントアウトする方要注意です。
(別にHTMLじゃなくとも、ワードでもエクセルでも自分が処理しやすい方法で)
  1. 2005/07/16(土) 23:31:59|
  2. 私的文章&友人とのやり取り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

再度アカウント凍結通知/他公的機関に相談

NCJから再度メール返信。
内容は7/12に受信した物と全く同じです。

これを受信したと同時に、経済産業省に相談メールを。

また、消費者センターにいまだ相談中なので警察への連絡は早いかな、と思いましたので 警視庁のインターネット相談窓口 に情報提供メールをしました。

■経済産業省へのメールに記載する事柄(例

・メールのタイトルは「ネットワークゲーム運営会社の管理体制について」等でよいかと

・名前
・年齢
・住所
・電話番号(10:00~16:00の間に連絡が取れる番号)
・商品名:リネージュ2オンライン
・事業社名:エヌ・シー・ジャパン株式会社
・メーカー名:株式会社エヌ・シー・ソフト
・購入した年月日:例(●日間のプレイ料金~円を払い、●年●ヶ月ほど続けていました)
・購入日:例(一番新しい課金は●年●月●日)
・購入金額:例(●日間分~円払いました)
・支払状況:先払い

【相談内容】
・オンラインゲームを正確な個人情報を登録してプレイしていた
・2005年7月12日(ここは各々該当する日にち)身に覚えの無い不正をしたと宣告され一方的にサービスを停止させられた
・証拠の提示にも応じて貰えず、先払いしてある料金の返金もない

以下、NCJ及びリネージュ2のHPURLやメールの大まかな内容を記載。


警視庁のインターネット相談窓口に送る際も同様の内容で良いかと思われます。
が、こちらは字数制限がありますので内容を簡潔に、そして正確に。
  1. 2005/07/21(木) 23:44:35|
  2. NCJ&公的機関とのやり取り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

経済産業省&消費者センターから電話連絡

早速経済産業省の方から連絡を頂きました。

いくつか質問されましたが(主に消費者センターの方に説明した事柄と同じです)、

「こちらの部署では課金制のオンラインゲームとか、個別の行政指導とかは行っていないのです。けれど、ゲームを専門にしている管轄がありますのでそちらに情報提供致します」

とお返事頂きました。
元より情報提供のつもりだったので満足な返答。


消費者センターの方は

「これから交渉に入ります」

という確認の電話。
その際、

「こちらでもこの事業所について調べてみたのですが…正直、まともな返答をしていただけるか判りません。あまり期待しないでくださいね」

と仰ってました。
(ここまで言われるNCJって一体…)


そして、NCJにアカウント再調査要請のメール。
「こちらは不正ツールを使った覚えは全く無い。アカウントの盗用の可能性もあるのではないか」と一文も添えました。
  1. 2005/07/22(金) 00:06:17|
  2. NCJ&公的機関とのやり取り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

またも同様テンプレメール

NCJからメールの返信が来ましたが、前回と内容は全く同じです。
アカウントハックの盗用の可能性についても返答はありませんでした。

また、先日某所(not無記名掲示板)で今回の被害者が他にも2人程いた事を知りました。

また、メールを送信。
今回は「証拠の開示ができない理由」を問う一文を添えました。
  1. 2005/07/25(月) 00:24:35|
  2. NCJ&公的機関とのやり取り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

消費者センターから途中経過

消費者センターの方から途中経過の連絡を貰いました。

・NCJの言い分
 私のアカウントから接続時にありえない信号が送られた為、心苦しいがアカウントを凍結した
 詳しい証拠は「企業秘密」の為開示する事は出来ない。


…なのだそうです。
いくら信号が送られたとはいえ、こちらは違反などした覚えは全くないので証拠としてログ等を見せて頂かない限りは納得できません。

とはいえ、まだ途中経過なので次のリアクションは返事が来てからになりそうです。
  1. 2005/07/29(金) 00:32:55|
  2. NCJ&公的機関とのやり取り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アンノウン

06 | 2005/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。